オリックス銀行審査在籍確認は?毎月返す額が残高と連動

オリックス銀行審査在籍確認は?毎月返す額が残高と連動

カードローンで借りた時には、もちろん返していく事になります。そして返す額は、残高と連動している一面があるのですね。基本的には残高が高い方が、毎月の返す額も高くなっていく傾向があります。両者には比例関係がある訳ですね。

 

ところでオリックス銀行にはを、そのような関係があります。やはり比例関係になっている訳ですが、具体的には次の通りです。

 

例えば現在の残高が、40万になっているとします。その際には自動で引き落とされる額は1万円です。

 

しかし1万円というのは残高が40万の時の数字であり、60万円の時には毎月2万になるのです。

 

また120万の時には、毎月3万などの具合ですね。つまり残高が大きくなれば、その分毎月返す額も高めになっていく訳です。

 

そして毎月の返す額が高めですと、それだけ負担も大きくなってしまいます。

 

もちろん借りている側からすれば、その負担を減らしたいと思うのが自然ですね。ですので負担を減らすためには、できるだけこの銀行での残高を減らすように心がけていくと良いでしょう。

 

幸いにもこの銀行では、随時入金で残高を減らせるシステムが完備されています。余裕がある時にはどんどん残高を減らす方が、後が楽になるでしょう。

オリックス銀行にキャッシングをチェンジするメリット

銀行から借りる事を考えている方は、しばしばチェンジを検討しています。というのも、中にはちょっと手数料が高めな所から借りている方もいらっしゃるのです。

 

一般的に金融会社の手数料は、年間18%くらいになっている事が多いですね。しかしその18%というパーセンテージでは、ちょっと負担が大きいと考えている方もいらっしゃる訳です。

 

もう少しパーセンテージを抑えて、借りたいと考えている方もいらっしゃいますね。

 

そのような時に、オリックス銀行が活用される事があります。この銀行の場合は、確かにそれは低めになっていますね。最高で17%台なのですが、上記の18%という数字よりは少し低めになっている事が分かるでしょう。

 

またこの銀行での限度額次第では、かなり手数料が抑えられる事もあります。つまり他の会社からこの銀行にチェンジをする方が、かえって手数料を抑えられる事もある訳ですね。

 

何せ手数料というのは、年間1%小さくなるだけでもかなり負担額が減るものです。100万円を借りるのであれば、1%の差は年間1万円の差額になりますね。

 

ですので現在どこかの会社から借りていて、ちょっと手数料が大きいと思っているのであれば、オリックス銀行カードローンにチェンジしてみるのも一法と言えるでしょう。