在籍証明なし 収入証明なし

在籍証明なし 収入証明なし キャッシングの審査と選び方について

 

在籍証明なし 収入証明なし

ローンやキャッシングを組む時には、返済能力を調べるために、

 

年収や、勤務先、勤続年数等がチェックされます。

 

具体的にどのようん審査をするかは、金融会社によってまちまちです。

 

審査がきついところありますし、緩いところも少なくありません。

 

一般的に、審査に通りにくいキャッシングほど、低い金利で利用することができす。

 

何%の金利がついているかで、借りた額や日数に応じた利息が決まり、返済時に上乗せすることになります。

 

同額の融資を受けた場合でも、高金利のキャッシング会社から借りた時のほうが

 

返済の金額か高くなりますので、低金利の融資を探したいところです。

 

審査と同様、金利についても、各金融会社によってかなりの開きがあるといいます。

 

金利がどのくらいかも、キャッシング会社選びでは大事ですので、審査についてと同じくらい気をつけておくことです。

 

もしも、金利差がわずかであっても、最終的な返済額に開きが生じることがありますので、試算しておくといいでしょう。

 

高金利の融資が珍しくないことが、キャッシングではローンと比較して言われるところです。

 

キャッシングを利用する時には、事前に金利から返済金額を割り出し、返済のあてがある金額内でのみ融資を受けましょう。

 

多くのキャッシング会社が、無料で利用できるシミュレーションサイトを用意していますので、利用するといいでしょう。

 

金利はどのくらいで、審査の厳しさはどの程度か、

 

大体の目星をつけた上でキャッシング会社を探すことで、自分にとって使いやすいところがどこかがわかります。

 

在籍証明書だけでキャッシング審査通過できるのは大手消費者金融のみ 他は在籍確認あり

 

キャッシング審査では、収入や他社の借入れ確認の他に在籍確認があります。在籍確認は申込み書に記入した会社に本当に勤務しているかの事実確認をおこなうため、消費者金融が勤務先に電話連絡をしてくることです。そのため、お金を借りることを知られたくないと思っている人は連絡されては困るという方もいるでしょう。

 

在籍確認ではキャッシング会社の担当者が勤務先に電話をかけてきます。電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、○○さま(申込者)はいらっしゃいますか?」とかかってくるので、本人以外が電話対応をしても勤務状況の確認だと知られる可能性は高くありません。

 

電話に出たのが本人である確認が取れれば社名を名乗り、在籍確認の連絡である旨を伝えます。プライバシーは守られるため、本人以外に知らせることはありません。また、本人が不在の場合でも実際に働いている確認が取れれば終了します。

 

基本的には事前に在籍確認を行うことを申込者に伝えています。その際に確認する日時を指定、担当者の性別指定、偽の社名や用件で電話してもらうこともキャッシング会社によっては可能です。会社によって対応は変わるので事前に確認してみるといいでしょう。

 

会社への電話連絡は2~3回までのケースがほとんどです。電話での確認が取れない場合は籍を置いていることを証明する書類を提出することで在籍確認をクリアすることもできます。

 

在籍の証明として認められる書類は社会保険証、社員証、給与明細、源泉徴収票、在職証明書などです。企業に属しているのなら社会保険証、社員証、給与明細は簡単に用意できるものですが、源泉徴収票や在籍証明書は勤務している会社で発行してもらうものです。

 

在籍証明書は企業によって「就業証明書」「就労証明書」「雇用証明書」などとも呼ばれています。企業に在籍しているまたはしていた確認が取れる書類のことですが、大手消費者金融なら在籍証明書だけで審査に通過できる可能性があります。大手消費者金融は比較的審査が簡単と言われています。

 

そのため、それほど高い収入も求められませんし、アルバイトやパートでも申し込みが可能なので、厳しい在籍確認を行わない消費者金融も少なくはありません。ただし、全ての大手消費者金融が在籍証明書のみで通過できる保証があるわけではないので、事前に確認しておくことをおすすめします。また、大手消費者金融以外では審査が厳しいので在籍証明書だけでは在籍確認をクリアすることはできないでしょう。

 

しかし、キャッシング会社によっては申込み情報と個人信用情報と照らし合わせて問題がなければ在籍確認をしないこともあります。

 

個人信用情報とは、他社のカードローン、キャッシング、クレジットカードなどの情報です。氏名、生年月日、住所、勤務先、年収などの基本情報の他に借入額や返済状況などが管理されています。この情報が申込み内容と相違なく、返済状況などに問題がなければ優良顧客とみなして在籍確認をスルーしてくれるケースもあります。

 

もちろん一概ではありませんが、以前の申込みと今回の申込みで勤務先が変更になっている等がなければ在籍確認を心配することもないでしょう。

 

また、クレジットカード審査の際に同時にオプションのキャッシングに申し込むという方法もあります。

 

この場合はクレジットカード審査をクリアすればいいので、在籍確認が行われるにしても1度ですみます。別の会社ごとに申し込むと、その都度在籍確認が行われるため会社に電話されるのは困ると思っている方にはストレスになってしまうでしょう。今は借入れの予定がないという場合でも申し込みを済ませておけばいざという時に活用できるので便利です。

 

金融会社で派遣の在籍証明書チェックされる?中小消費者金融でお金借りる

 

急にお金が必要になった場合には、消費者金融のキャッシングサービスを利用することができます。全国展開している大手消費者金融から地域密着型の中小の貸金業者に至るまで、非常に多くの会社が個人向けの小口ローンサービスを行っています。

 

昔はクレジットカードや消費者金融を利用する場合には正社員であることが求められました。

 

ところが最近は非正規雇用で仕事をしている人が増えているので、派遣社員やアルバイトの方でもキャッシングサービスが利用できるケースがほとんどです。ただし派遣やパート・アルバイトで仕事をしている方でも、本当に職場に在籍して仕事をしているかどうかを確認する作業が行われます。

 

一般的にクレジットカードや貸金業者に申し込みをして審査を受けると、利用可能と判断された人のみに電話で在籍確認が実施されます。派遣社員についても同じで、申し込みの時に登録した派遣元の会社または派遣先の電話番号に在籍確認の電話が来ます。

 

金融会社の在籍チェックの方法は、今でも昔と同じように実際に職場に電話をかける方法が用いられます。一部の銀行や大手消費者金融会社であれば事業所名が記された社会保険証や職場が発行する身分証明書類などの提出でも職場に勤務している事を認めてもらえる場合がありますが、一般的に書類による在籍確認は好まれません。派遣会社に登録して仕事をしている人の場合でも、電話による確認が基本です。

 

保育所などの施設の申し込みをする場合には職場が発行した在籍証明書または在職証明書の提出が求められます。

 

そのため派遣社員として働いている方で初めて金融会社のローンの審査を受ける場合に、運転免許証などの本人確認書類と一緒に派遣会社が発行する在籍証明書の提出が求められると考えている方がいます。

 

金融会社のサービスを利用する場合、職場に勤務している事を確認する目的で派遣会社の在籍証明書や在職証明書の提出が求められることはありません。銀行や消費者金融などの金融会社の多くは高額のローン(50万円以上)の申し込みをする場合にのみ年収額が確認できる書類を提出することが求められますが、大半の利用者は50万円未満なので職場関係の書類を提出が求められることはありません。

 

中小規模の消費者金融でお金を借りる場合でも、在籍確認の方法は今でも電話が基本です。中小の消費者金融会社のローンを利用する場合には少額融資が基本なので、収入を証明することができる書類などを提出することは求めらません。

 

金融会社は提出された書類のコピーを厳重に保管することが求められます。個人情報が流出するなどのトラブルが発生すると会社の信用が大きく損なわれてしまいますし、監督官庁から厳しく指導されてしまいます。

 

書類のコピーを安全に保管するためにはコストがかかるので、最低限必要な書類以外は受け取りたくないというのが金融会社の本音です。このような事情で、今でも職場の在籍確認の方法は書類を受け取らなくても済む電話確認が用いられています。一部の大手消費者金融では、派遣元の会社が個人情報保護のために電話応対しないようなケースのみ在籍証明書等の書類の提出だけで審査に通る場合がありますが、中小規模の貸金業者では書類を提出して派遣会社に在籍していることを認めてもらうことは不可能です。

 

派遣会社に勤務している場合にキャッシングサービスやローンの申込をする際に、金融会社の規模に関係なく在籍確認は電話が基本です。派遣で仕事をしている方が金融会社に申し込みをする場合には派遣会社の在籍証明書などの書類を用意する必要はありませんが、電話で在籍確認ができることを確認しておく必要があります。必要であれば、派遣会社の担当者に確認の電話が来ることを伝えておくと良いでしょう。