学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

学生ローンとは、その名の通り学生が利用できるローンのことです。

 

学生ローン審査の必要書類として身分証明証と学生証の2つがあれば利用できます。

 

未成年との契約は後で取り消される恐れもあるので、

 

親が連帯保証人になる必要があります。

 

ほとんどの学生ローンはそういった手間を省くために「20歳以上の方」という条件がついています。

 

昔は学生証さえ所持していれば、働いていなくても10万円程度なら借りられることもありましたが、

 

現在は貸金業法が改正されて総量規制ができたため、働いていて収入のある学生でなければ利用できません。

 

しかし、50万円以下の借入ならば収入証明書は不要です。

 

さて、学生ローンを借りる時に気になるのが、職場への在籍確認があるかどうかです。

 

結論として、職場や実家に電話がかかってくることは原則としてありません。

 

その理由としては、融資額が50万円以下の少額であることがまず挙げられます。

 

在籍確認を行うにもコストや手間がかかりますので、

 

融資金額が少額になりやすい学生向け融資では、省かれることが多いようです。

 

また、学生は大学に在籍しているため、どこのだれかもわからないような人に比べると信用も高いです。

 

 

もう1つの理由として、学生はアルバイトなどの非正規社員であることが挙げられます。

 

学生アルバイターは、すぐに辞めてしまって別のバイトを始めるということもよくあります。

 

そのため、在籍確認をしてもあまり意味がないのです。

 

次に、自宅への電話確認についてですが、自宅に住んでいる場合には連絡は自宅の固定電話に来ます。

 

これを避けたいのなら、携帯電話の番号だけを登録するか、両方を登録する場合には連絡は携帯にするようにお願いしておくことです。

 

自宅に電話がかかってくる場合も、本人確認がとれるまでは会社名を名乗らず、

 

担当者の個人名で電話がされますので、家族にキャッシングの利用がバレることはありません。

 

このように、学生ローン、学生キャッシングは在籍確認がないことがメリットの1つです。

 

社会人でも通信制大学に通っている人などは利用できますし、

 

業者によっては社会人向けの融資をしているところもあります。

 

在籍確認をしてほしくない社会人が学生キャッシングを利用することもよくあります。

 

学生ローンのもう1つのメリットとして、金利が消費者金融よりもややお得になっているということも挙げられます。

 

金利は銀行カードローンと消費者金融の中間くらいの金利になっているところが多いようです。

 

最後に、職場や自宅への電話確認は、50万円を超えるケースや、

 

業者によっては行うこともあります。

 

学生ローンに申し込むときは、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。