学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

 

学生ローンを今すぐ借りたいが在籍確認は自宅に電話来る?

学生ローンとは、その名の通り学生が利用できるローンのことです。

 

学生ローン審査の必要書類として身分証明証と学生証の2つがあれば利用できます。

 

未成年との契約は後で取り消される恐れもあるので、

 

親が連帯保証人になる必要があります。

 

ほとんどの学生ローンはそういった手間を省くために「20歳以上の方」という条件がついています。

 

昔は学生証さえ所持していれば、働いていなくても10万円程度なら借りられることもありましたが、

 

現在は貸金業法が改正されて総量規制ができたため、働いていて収入のある学生でなければ利用できません。

 

しかし、50万円以下の借入ならば収入証明書は不要です。

 

さて、学生ローンを借りる時に気になるのが、職場への在籍確認があるかどうかです。

 

結論として、職場や実家に電話がかかってくることは原則としてありません。

 

その理由としては、融資額が50万円以下の少額であることがまず挙げられます。

 

在籍確認を行うにもコストや手間がかかりますので、

 

融資金額が少額になりやすい学生向け融資では、省かれることが多いようです。

 

また、学生は大学に在籍しているため、どこのだれかもわからないような人に比べると信用も高いです。

 

 

もう1つの理由として、学生はアルバイトなどの非正規社員であることが挙げられます。

 

学生アルバイターは、すぐに辞めてしまって別のバイトを始めるということもよくあります。

 

そのため、在籍確認をしてもあまり意味がないのです。

 

次に、自宅への電話確認についてですが、自宅に住んでいる場合には連絡は自宅の固定電話に来ます。

 

これを避けたいのなら、携帯電話の番号だけを登録するか、両方を登録する場合には連絡は携帯にするようにお願いしておくことです。

 

自宅に電話がかかってくる場合も、本人確認がとれるまでは会社名を名乗らず、

 

担当者の個人名で電話がされますので、家族にキャッシングの利用がバレることはありません。

 

このように、学生ローン、学生キャッシングは在籍確認がないことがメリットの1つです。

 

社会人でも通信制大学に通っている人などは利用できますし、

 

業者によっては社会人向けの融資をしているところもあります。

 

在籍確認をしてほしくない社会人が学生キャッシングを利用することもよくあります。

 

学生ローンのもう1つのメリットとして、金利が消費者金融よりもややお得になっているということも挙げられます。

 

金利は銀行カードローンと消費者金融の中間くらいの金利になっているところが多いようです。

 

最後に、職場や自宅への電話確認は、50万円を超えるケースや、

 

業者によっては行うこともあります。

 

学生ローンに申し込むときは、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

 

学生ローン審査基準 融資の際に必要な書類とは?親ばれしない?

 

学生でも勉強を頑張るためには生活費が必要です。

 

学費は何とか親が工面してくれていたとしても、日常生活は自分で支えなくてはいけない部分も出てきますし、お小遣いでたまには遊びに出かけたりもしたいと思うのは当然です。

 

付き合いの分だけ必要になるお金を捻出するのにアルバイトだけでは足りない時には学生ローンの利用も検討する方もいます。

 

キャッシングになりますので、やはり学生であっても当然ながら申し込み後は利用できるかどうかの審査が行われます。

 

学生を対称にしていますので、借り入れができる金額自体はそれほど大きくないものの、やはりお金があるという安心感には替え難いものがあります。

 

審査項目としてはまず年齢が20歳以上である事、学生でも返済をしなくてはいけませんから、安定した収入があること、なぜキャッシングをしたいのかという利用目的もきちんと説明できる必要があるのです。

 

申し込みの時には、学生ローンですから「学生である事」が分かるようにしておかなくてはいけません。

 

住所や氏名などの記載も必要になりますが、学校名や連絡先なども忘れないことと、間違えないように見直してから申し込みをすることです。身分証明書も学生であっても提示しなくてはいけませんが、免許証や保険証、パスポートなどを用意して必要に応じて申し込み先に提出します。スマートフォンのカメラで撮影して、メール添付でも構わないという所もあるので活用しましょう。

 

審査のやり方は一般的なキャッシングと同じように、申し込みの時の内容に沿って確認事項をチェックしていきます。申込者の指定した時間に業者から電話がかかりますので、収入源になるアルバイトについての質問や、どうして利用したいのかということを詳細に聞かれますので、嘘偽りのないように焦らず答えましょう。

 

よく目的を不安になって学費用と答えたりする方もいますが、もちろん本心でならそれでいいのですが、学費用という証明の資料が必要になる事もありますので、そうでない場合には素直に娯楽用、友達付き合いやゼミなどで利用したいというように答えるようにしましょう。

 

そして、学生が一番心配しているのは親に知られないかどうかということでしょう。これについては、業者側でもそんな学生の気持ちをしっかり把握していますから、直接親側に電話連絡をしたり、郵便物を実家に送付したりするという事はよほどのことがない限りありません。

 

利用者側の心情に配慮した上で審査や諸手続きをしてくれますので、安心して申し込みをして下さい。一般的な社会人と同じように、仕事先に在籍確認があるのかどうかも悩みどころのひとつですが、これも学生の場合にはないことが殆どなので、それほど気にせず申し込みを進めて構いません。

 

とは言え、きちんと返せる人に貸したいと業者側も思っていますから、必要に応じて給与明細などの提示を求められたら、提示をすぐ出来るようにしておくといいでしょう。

 

学生であってもお金が足りないということはよく出てきます。節約をしていてもそれは換わらないので、学生ローンを取り扱うところも増えてきています。

 

基本的な申し込みは一般のキャッシングとそれほど変わりませんし、書類も本人確認できるものや別途言われた時に給与明細などを提示する事になると覚えておきましょう。

 

在籍確認も親やアルバイト先にするということはないので、計画的に利用ができるのかどうかを予め予定を考えておくようにして下さい。

 

その上で、どんな目的で借り入れ申し込みをしているのかをはっきりと業者に伝えられるようにしておかないといけないので、確認の連絡が来るまでにスムーズに話ができるようにしておくと利用しやすくなります。