無職の専業主婦でも借りれる

無職の専業主婦でも借りれる信販ならどこ?おすすめ金融

 

キャッシングやカードローンは、無担保ですぐに現金を借りることができる便利なサービスです。

 

これらの商品を扱っている金融機関の種類も多く、銀行系以外の消費者金融系、信販系会社、流通系など様々なところでカードを発行しています。

 

 

大まかな流れとしては、借り入れをしたいと思っている金融機関に審査の申し込みを行い、必要事項とともに本人確認書類を送ります。

 

この手続きは、電話やファックス、店頭窓口、無人契約機、インターネットなどの様々な手段の中から選べるようになっています。

 

審査結果が出たら、その連絡が電話やメールなどで届きます。

 

融資可能な金額や金利、毎月の返済額などの契約内容も同時に通知され、その内容に同意すれば契約成立となります。

 

キャッシングカードやローンカードは後日郵送されてきますが、急いで現金が必要な場合には、

 

自分名義の預金口座に振り込んでもらうという方法もあります。

 

早いところでは申し込んで即日融資が可能なケースもありますので、急に現金が必要になった時にも安心です。

 

必要な書類は金融機関によっても異なりますが、小口融資の場合には本人確認書類として住基カードや運転免許証、

 

スポートなどがあれば足ります。高額の融資を受ける場合には、収入を証明する資料の添付も必要になります。

 

これらの融資は、無担保で借り入れができることから、継続的な安定した収入がある人に限られています。

 

無職の専業主婦の場合には、収入が全くありませんので、審査に通らないこともあります。

 

ただし、金融機関によっては、配偶者との収入を合算することで審査に通るケースもありますし、

 

信販系会社の場合には家族カードを発行することで借り入れをすることが可能です。

 

信販系会社の融資の場合、クレジットカードにキャッシング機能を付けるのが一般的です。

 

キャッシングとショッピングのそれぞれに利用限度額が決められており、枠は一部共有していますので、

 

いずれかを使うことで利用可能な残高は両方とも減少していきます。

 

このカードも審査で収入や職業などを調査されますので、専業主婦が申し込んでもカードを発行してもらえる可能性は低いです。

 

しかし、実際に働いている配偶者などがカードを発行したのち、家族それぞれが持つ家族カードもつけてもらえば、

 

自分名義のカードを手に入れることができます。

 

家族カードは世帯で利用限度額を共有していますので、誰かが買い物や借入をすれば利用可能な額は減っていきます。

 

また、引き落としは通常、申し込みをした本人の預金口座からまとめて引かれるようになっています。

 

このカードがあれば、家族のカードを利用しなくても、

 

自分のカードで提携先のatmなどから現金を引き出して借りることができます。

 

信販系会社のカードは、銀行や郵便局、コンビニなど様々なところと提携していますので、多くのatmを利用できます。

 

利用手数料がかかる場合もありますが、24時間いつでもどこでも現金を引き出すことができて、大変便利です。

 

キャッシングに関しては利息が日割り計算となっており、

 

毎月引き落としのほかにatmで個別に返済することもできますので、

 

短期間の借り入れをしたいときなど、少ない利息で利用できて便利です。

 

優良な利用者に関しては、長期的に使っていくうちに利用限度額をあげてもらえることもありますので、きちんと返済をしていきましょう。

 

また、信販系会社のカードの場合、

 

その会社が独自に設定しているポイントサービスの対象となっていることも多く、使い続けることでポイントをためて、

 

現金や様々な商品と交換できるといったメリットもあります。

 

金利も消費者金融系と比べて低めに設定されており、おすすめです。