無職の専業主婦でも借りれる

無職の専業主婦でも借りれる信販ならどこ?おすすめ金融

 

キャッシングやカードローンは、無担保ですぐに現金を借りることができる便利なサービスです。

 

これらの商品を扱っている金融機関の種類も多く、銀行系以外の消費者金融系、信販系会社、流通系など様々なところでカードを発行しています。

 

 

大まかな流れとしては、借り入れをしたいと思っている金融機関に審査の申し込みを行い、必要事項とともに本人確認書類を送ります。

 

この手続きは、電話やファックス、店頭窓口、無人契約機、インターネットなどの様々な手段の中から選べるようになっています。

 

審査結果が出たら、その連絡が電話やメールなどで届きます。

 

融資可能な金額や金利、毎月の返済額などの契約内容も同時に通知され、その内容に同意すれば契約成立となります。

 

キャッシングカードやローンカードは後日郵送されてきますが、急いで現金が必要な場合には、

 

自分名義の預金口座に振り込んでもらうという方法もあります。

 

早いところでは申し込んで即日融資が可能なケースもありますので、急に現金が必要になった時にも安心です。

 

必要な書類は金融機関によっても異なりますが、小口融資の場合には本人確認書類として住基カードや運転免許証、

 

スポートなどがあれば足ります。高額の融資を受ける場合には、収入を証明する資料の添付も必要になります。

 

これらの融資は、無担保で借り入れができることから、継続的な安定した収入がある人に限られています。

 

無職の専業主婦の場合には、収入が全くありませんので、審査に通らないこともあります。

 

ただし、金融機関によっては、配偶者との収入を合算することで審査に通るケースもありますし、

 

信販系会社の場合には家族カードを発行することで借り入れをすることが可能です。

 

信販系会社の融資の場合、クレジットカードにキャッシング機能を付けるのが一般的です。

 

キャッシングとショッピングのそれぞれに利用限度額が決められており、枠は一部共有していますので、

 

いずれかを使うことで利用可能な残高は両方とも減少していきます。

 

このカードも審査で収入や職業などを調査されますので、専業主婦が申し込んでもカードを発行してもらえる可能性は低いです。

 

しかし、実際に働いている配偶者などがカードを発行したのち、家族それぞれが持つ家族カードもつけてもらえば、

 

自分名義のカードを手に入れることができます。

 

家族カードは世帯で利用限度額を共有していますので、誰かが買い物や借入をすれば利用可能な額は減っていきます。

 

また、引き落としは通常、申し込みをした本人の預金口座からまとめて引かれるようになっています。

 

このカードがあれば、家族のカードを利用しなくても、

 

自分のカードで提携先のatmなどから現金を引き出して借りることができます。

 

信販系会社のカードは、銀行や郵便局、コンビニなど様々なところと提携していますので、多くのatmを利用できます。

 

利用手数料がかかる場合もありますが、24時間いつでもどこでも現金を引き出すことができて、大変便利です。

 

キャッシングに関しては利息が日割り計算となっており、

 

毎月引き落としのほかにatmで個別に返済することもできますので、

 

短期間の借り入れをしたいときなど、少ない利息で利用できて便利です。

 

優良な利用者に関しては、長期的に使っていくうちに利用限度額をあげてもらえることもありますので、きちんと返済をしていきましょう。

 

また、信販系会社のカードの場合、その会社が独自に設定しているポイントサービスの対象となっていることも多く、使い続けることでポイントをためて、

 

現金や様々な商品と交換できるといったメリットもあります。

 

金利も消費者金融系と比べて低めに設定されており、おすすめです。

 

無職の専業主婦はお金借りれない?個人融資の注意点 闇金でお金借りたくない

 

無職の専業主婦では、消費者金融会社だけでなく、銀行からでもお金を借りることはできません。なぜなら、消費者金融会社や銀行がお金を貸す時、個人の支払能力や働いている会社などの審査を行うからです。

 

借金の支払能力のない人に、お金を貸すのは金融機関の損失に繋がります。支払能力のない人間にはお金を貸すことができないのは、損失を防ぐためにあるのです。しかし、無職の専業主婦であってもお金を借りることは不可能ではありません。

 

ひとつめの方法として、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。クレジットカードの発行の際には、審査があるので、発行前に事前にアルバイトやパートタイム従業員として非正規雇用でも良いので働くことが望ましいでしょう。

 

クレジットカードの審査に合格して、キャッシング枠が利用できるようになったら、無職の専業主婦になっても問題ありません。そのままクレジットカードを利用することでお金を借りることができるようになるでしょう。

 

ふたつめの方法として、裕福な個人からお金を借りる方法があります。この方法は知り合いであれば、銀行や消費者金融会社よりも低金利でお金をかりることができるでしょう。

 

ただし、知り合いが信用できる人間に限られます。

 

誓約書の貸付額が改ざんされていて、返済額が多額になってしまうケースもあるので注意が必要です。信用できる人間であったとしても、友人や知人間でのお金の貸し借りはタブーであると考えられている場合も多く、お金の貸し借りによって縁が切れた場合もあります。

 

そのため個人間のお金の貸し借りを行う場合には、親族で行ったほうが良いでしょう。

 

親族であれば、身分や生い立ちなども全て把握することができるので、見ず知らずの赤の他人に借りるよりも安全です。ただし、返済するに当たって具体的な返済プランを考えておくことが望ましいでしょう。具体的な返済プランとは、自分が働くことを意味しています。

 

働けない人は基本的にお金をかりることができないのは、どこに行っても同じです。

 

お金を借りるにはお金を返さなければならないわけで、結局自分が働かなければならないのです。収入源を確保しておかなければ、お金をかりることができないので、事前に働くようにしておくことで、返済プランを考えておくことが望ましいです。

 

みっつめの方法は、自分の財産を担保にお金を借りる方法です。

 

質屋と言われる会社に依頼することでお金をかりることができます。この方法は、自分の財産を売却することに等しいので、無くなっても構わない財産を質屋に提供するようにしましょう。どれにしても、無職の専業主婦がお金を借りるには難しい状況にあります。

 

無職であってもお金を借りたいのであれば、まずは働き始めることが望ましいでしょう。非正規でも、インターネットの仕事でも良いのです。とにかく働いて収入を得ていることを公的に証明しなければお金をかりることは非常に難しいと言えます。

 

もちろん、お金を借りないといけない状況になってしまった自分の財産管理の不行き届きにも問題があります。自分が無職であればそれに見合った生活を行うべきであり、それができないのであれば、専門の心療内科などの医療機関に自分の金銭感覚を戻すように指導してもらうことが良いでしょう。

 

無職でもお金をかりることは不可能ではありませんが、具体的に返済プランが考えられないようではお金をかりることは望ましいとは言えません。だから無職の専業主婦がお金を得たいのであれば、働き始めることが一番良くて、安全な方法であると言えるのです。

 

インターネットの仕事であれば、時間のない主婦であっても簡単にできるのでおすすめです。