学資ローンを賢く選ぶ

学資ローンを賢く選ぶ

学資ローンを賢く選ぶ

子どもの成長は親にとってうれしいものですが、教育費はかさむばかりで学資ローンを利用する人が増加しています。

 

利用しやすそうな学資ローンを選ぶ時に心がけたいことは一体何でしょう。金利は、借り入れに際して重要なポイントです。

 

数ある学資ローンの中から、金利の最大と最低を読み取りましょう。

 

返済が長期に渡る場合は、変動金利か、固定金利も気をつける必要があるでしょう。

 

学資ローンは返済期間が10年以上と長期にわたるものもたくさんあります。長い返済期間の場合には、固定金利のほうが有利かもしれません。

 

最初のうちは金利が低くても、年月が経過すると段々と金利が上がってくる可能性があるのが、変動金利のネックといえます。

 

学資ローンを利用する場合には、いくら必要になるのかよく検討しなければなりません。

 

基本的に、300万円から500万円という借入金額が民間の学資ローンでは多いようです。

 

とはいえ、担保を入れて受ける融資なら、大口の貸し付けが見込めるでしょう。

 

いつまで借りるかで利息のつき方はかわりますし、返済の見極めは早くにつけておくことです。

 

親と子で学資ローンの返済義務を回すことができるのか、元金据え置き期間を利用することができるかなどが大事です。

 

繰り上げ返済ができるかどうか、手数料はいくらになるのかなども調べておいたほうが良いでしょう。

 

学資ローンを使って学校に通い出す前に、公的な金融機関やその活動内容についてはある程度理解しておくことが大事です。

 

国の学資ローンを活用する

学資ローンを賢く選ぶ

子どもの進学資金が足りない場合、奨学金や学資ローンを検討する人が多いです。

 

返済の負担が少ない借り入れといえば奨学金ですが、奨学金が認められない場合は学資ローンを使うことになります。

 

もしも学資ローンを使いたいというなら、国のローンを検討してみましょう。

 

どの学資ローンにするか迷った場合は、民間の学資ローンより国の教育一般貸し付けがおすすめです。

 

公的な学資ローンは、民間のものと比較すると金利や返済面で条件が有利なのがメリットです。

 

公的な学資ローンは、子供1人の借入上限金額が300万円と余裕をもった金額です。

 

入学金や授業料だけではなく、受験にかかった費用や一人暮らしをするための住居にかかる費用にも利用することが可能です。

 

金利条件は民間の学資ローンより低く、返済面では元金据え置き期間もあって15年以内の返済が認められています。

 

月々一定ではなく、ボーナスが入った時だけまとめて支払いも可能です。

 

もしも国の学資ローンを利用する場合、世帯年収が990万円以下、

 

そして複数の条件に到達していると認められた人だけが利用できますので注意しましょう。

 

民間の学資ローンに比べて国の学資ローンはいろいろな面で利用しやすくなっており、何より安心感があります。

 

もしも学資ローンの借り入れを考えているのであれば、国の学資ローンを調べてみてはどうでしょう。